秋雨

10月らしからぬ雨続き。
気温はジェットコースターなみに
上がったり下がったり…。
9月の渡欧のせいで、
一層自分の中の季節感が混乱状態気味。

雨ばかりは嫌だけど、
少し肌寒いくらいは構わない。
外出や活動するにもだいぶ楽で
助かります。
空気が冷たくなると、
かえって気持ちには
暖かみが宿るような気がする。
家々の窓辺の灯りや
器を通して感じる温かさ。
風景やささやかな出来事を通しても
心にほんのりとぬくもりが生まれる。
こんな季節がとても愛おしい。
d0209370_15340847.jpg

最近のヘビーローテーション。
渡欧の際に偶然知った
クラシックアコーディオンの響きに
すっかり魅せられてしまいました。
人に抱えられて鳴る音の、
素朴でありながら深い音色が
とてもとても美しくて。
今の自分の心持ちに
ぴったり寄り添ってくれる。
暫く繰り返し流し続けそう。




[PR]
# by seikopuppe | 2017-10-17 15:11 | 雑記 | Comments(0)

旅の忘備録その3

ベルリンからの日帰り旅、もう1箇所はヴィッテンベルクへ。
宗教改革で有名なマルティン・ルターや画家のルーカス・クラナッハの活躍した街。
前日行ったライプツィヒと比べると、こじんまりとした静かな街でした。
でもそれは如何にもドイツらしいところとも言えるのかもしれません。
d0209370_16254019.gif
これが「95ヵ条の論題」を掲げた教会の扉だそうです。
ここから宗教改革の波が広がっていったんですね。
キリスト教徒の少ない日本においては、どうもこの手の話は実感を伴いにくいですが…。
d0209370_16262862.gif
今年がルターの「95ヵ条」からちょうど500年の記念にあたり、
街を挙げて色んな催しが行われているようでした。
d0209370_16375582.gif
広場に設置されていた、なが~いテーブルと95の椅子。
これもイベントのひとつだったようで、一種のインスタレーション。
正に訪れた日の晩には、ここでパフォーマンスが上演される予定だったのでした。
出来ることなら観てみたかったな…。
d0209370_16373829.gif
d0209370_16381475.gif
クラナッハに関係する博物館や施設もありました。
日曜日だったので、覗いてみたかった印刷工房はお休み。
日曜にはしっかり休むドイツでは、
ごく一部を除いて本当に営業しないので
観光する側にとっては少々不便なのが玉にキズです。

歳のせいか、大きなアクシデントではなくても
些細なトラブルがいくつかかさなると結構ダメージがきて
ストレスが溜まってしまうのを感じた旅でもありました。
でも小さくても心に残るいくつかのエピソードや光景が
自分の中に残る喜びは大事なことだと思っています。
記憶の抽斗にそっとしまって、
そしてまた折に触れて取り出してみたい。
d0209370_16382409.gif
旅の〆のディナー(?)はベルリン名物のカレーソーセージ。
街角のパン屋さんのパンだったり、こんなファーストフードが
案外美味しかったりするものなんですよね。






[PR]
# by seikopuppe | 2017-09-30 10:21 | | Comments(0)

旅の忘備録その2

晩夏/初秋の旅、ドイツ編。
日本を発つときは周囲はまだ残暑真っ盛りでしたが、
さすがにこちらはすっかり秋。
特に朝晩は気温が下がるので、
街ゆく人々の服装は薄手のコートやダウン、ストールのいで立ちです。

ポーランドからドイツはベルリンへ移動して、
まず最初にしたのはランドリーでの洗濯作業。
d0209370_14544402.gif

d0209370_14544783.gif
ネットで探してランドリー近くの宿泊先を取ったという今回の次第。
ドイツでコインランドリーを使うのは初めての経験だったのですが
お店の方も親切で雰囲気もよく、無事にミッション完了。

その後はもうひとつ、自分に課していた目的を果たしに出かけました。
日本の方が営んでおられる文房具店「ソワレ」 さんへ。
本当にたまたま偶然にネットで知ったこちらのお店、
実は知人の方の知り合いだったということが出発直前に判明しました。
インターネットの効用か、色んな入り口から辿っていったら
いつの間にか繋がるということが度々あります。
ギャラリーとしても営業するセンスの良い店舗は
観光客より地元の住民が多く行き交う居心地よい雰囲気のエリアにありました。
お陰で界隈をのんびりと散策気分で歩く機会を得られてとても楽しかった。
d0209370_15221786.gif
近所にあると教えて頂いて、今回すごく気に入ってしまった建物。
古い給水塔だったのを、今は住宅として利用されているのだそうです。
なんだか物語の舞台になりそうな趣です。
d0209370_15223959.gif
ここはメトロから歩く途中で見つけたカフェ。
色んな種類のチーズケーキを置いています。

今回ベルリンへは二回目の旅でした。
前回主だった観光スポットには訪れていたので日帰りで近郊の街へも。

先ずは前回行けなかったライプツィヒへ。
想像していたよりずっと大きい活気のある街でした。
d0209370_15415096.gif
バッハ博物館から縁の聖トーマス教会を臨んで。
全然詳しくはないけれど、バッハ好きなので感激でした。
d0209370_15421480.gif
ゲヴァントハウスオーケストラの本拠地、エントランスホール。
d0209370_15424534.gif
なんとも幸運なことに、この日聖トーマス教会合唱団の演奏があり
教会内で聴くことができたのです。(しかもたった2ユーロで!)
日本でゲヴァントハウスとトーマス教会合唱団のコンサートを何度か聴いたことがありましたが、
まさか彼らの地元でこんな機会に恵まれるとは想像していませんでした。

ライプツィヒではちょっと時間切れ気味。
他にも行ってみたかった所があったのですが断念。
またいつか再訪することが出来るかしら…?

長くなってしまったので、このあたりで一旦小休止。
後に続きます。




[PR]
# by seikopuppe | 2017-09-29 10:03 | | Comments(0)

旅の忘備録その1

ふいに漂ってきた金木犀の薫りに、ああまたこの季節がきたのだとしみじみ…。
「忍」の文字如くの夏籠りから解かれて、旅をしてきました。
暑さ疲れや色々なモヤモヤを、少しは解消できるかしらとの期待を抱きながら
ポーランドとドイツへ。
ささやかな記録として、自分のためにここに置いておこうと思います。
まずはポーランド編。

ポーランドへは今回初めての訪問となりました。
首都ワルシャワと地方都市のルブリンという街へ。
ワルシャワは先の大戦で壊滅状態になったものを、
人々の努力と熱意で再生された旧市街が世界遺産となっています。
街自体はとても近代的でした。
旧共産圏時代の置き土産のクラシックなランドマーク建築も。
d0209370_13151879.gif
旧市街の広場にある人魚像。お店の看板も面白いものがあちこちに。
d0209370_13183157.gif
ショパンの心臓を納めた教会や、キュリー夫人の生家も訪ねました。

d0209370_13173986.gif
教会のパイプオルガン演奏も聴く機会を得られて。
d0209370_13335838.gif
ある日のランチ。駅近くのモダンなショッピングセンター、フードコートにて。
ポーランドではお惣菜の量り売り形式レストランがポピュラーです。
ずら~っと並んだビュッフェのような料理を自分で好きなだけ盛り付けて、
最後にレジで重さを量って会計します。テイクアウトも有り。
言葉の通じない旅行者には何ともありがたいシステム。
度々この形式のお店で食事にありつきました。

ポーランド東部にある街、ルブリンは学校が多くて学生の街でもあります。
ここにも古い町並みが残っていました。
d0209370_13252152.gif
写真左の建物は有名なユダヤ料理のレストラン。
ルブリンはユダヤ系の住人が多く占める街でもあったそうです。
郊外にはナチスによるユダヤ人強制収容所跡が残っています。
d0209370_13252810.gif
リノベーション中の建物にはこんな仮設の装飾が。
バカンスシーズン後のためか、
観たかった教会のどこもかしこも補修作業中だったのは少し残念。
d0209370_13323263.gif

街のシンボルでもあるルブリン城内の礼拝堂内部。
古式な壁画がとても美しい。
d0209370_13161201.gif
d0209370_13324928.gif
街の何でもないあちらこちらがフォトジェニック。
人形を持ってきてロケーション撮影したい気持ちにかられました。
d0209370_13332870.gif
宿泊していたホステル近くのカフェ。
落ち着いた雰囲気の好いお店でした。
素敵なスポットを発見するのも旅の楽しみです。

ドイツのベルリン経由でポーランド入りしたためもありますが、
この国にはまだ移民は少ないんだなぁという印象。
お店のスタッフなどもたぶん地元のポーランド人だろうと思われる人がほとんど。
そして比較的英語もよく通じます。

ついつい人の顔だちなどを観察してしまうのですが、
やはりポーランド人らしい顔のつくり、みたいなのもあるのかなぁなどとも感じました。
ポーランド人というかスラヴ系の、という方があっているのかな。
これはもう勝手な思い込みですが、目もとのホリとか顔のバランスとか
どこか少し陰りのような、寂し気な気配を感じさせる気がする。
ゲルマン系のドイツ人とはまた違う。

馴染みのない難解な言語の国を旅する時の、
いつもの私なりの作法に従い、「ありがとう」だけは現地の言葉で。

Dziękuję !







[PR]
# by seikopuppe | 2017-09-28 14:17 | | Comments(0)

夏終いの近況報告

お盆が終わり、高校野球も終了し、夏休みもそろそろ…という今日この頃。
でも残暑は一向に終わりが見えない。
暑さで脳も半分眠っているようで、身体も思うように動かせない。
早く涼しくなってちゃんと活動出来るようになるといいな…。
普段より一層、家に籠っている時間は長いのですが
そんなわけで作業の進みは芳しいとは言えない有り様なのが情けない。

だいぶ表情が決まってきたかな、と思った頭部は酷い歪みに耐え切れず
かなり後戻りしてまた仕切り直し。毎度のことながら凹みます。
今のところ顔も決まってきて、なんとか進められているのは久しぶりの少年。
青年になる手前くらいの感じを目指しているので、
改めて男性の骨格や筋肉など折に触れては見直している昨今です。
人間の身体って面白い。鍛えられた体躯の美しさは何とも言えません。
そのときどきでマイブームというか、恋しているものが
作品にも色々な形で反映されてゆきます。
だから自分の状態も出来るだけ好い感じに保てたらなあと思います。
d0209370_14161331.gif
d0209370_14163147.gif
ウィッグをのせてみて髪をどうしようか考えたり。
ヘアを貼り付けるか、粘土で造形するか、
人の形だけど、人じゃないパターンになる予定なので
まだまだこれから考えます。
試行錯誤の日々は続く…。浮いたり沈んだりの繰り返しです。





[PR]
# by seikopuppe | 2017-08-25 14:30 | 雑記 | Comments(0)