旅の忘備録その3

ベルリンからの日帰り旅、もう1箇所はヴィッテンベルクへ。
宗教改革で有名なマルティン・ルターや画家のルーカス・クラナッハの活躍した街。
前日行ったライプツィヒと比べると、こじんまりとした静かな街でした。
でもそれは如何にもドイツらしいところとも言えるのかもしれません。
d0209370_16254019.gif
これが「95ヵ条の論題」を掲げた教会の扉だそうです。
ここから宗教改革の波が広がっていったんですね。
キリスト教徒の少ない日本においては、どうもこの手の話は実感を伴いにくいですが…。
d0209370_16262862.gif
今年がルターの「95ヵ条」からちょうど500年の記念にあたり、
街を挙げて色んな催しが行われているようでした。
d0209370_16375582.gif
広場に設置されていた、なが~いテーブルと95の椅子。
これもイベントのひとつだったようで、一種のインスタレーション。
正に訪れた日の晩には、ここでパフォーマンスが上演される予定だったのでした。
出来ることなら観てみたかったな…。
d0209370_16373829.gif
d0209370_16381475.gif
クラナッハに関係する博物館や施設もありました。
日曜日だったので、覗いてみたかった印刷工房はお休み。
日曜にはしっかり休むドイツでは、
ごく一部を除いて本当に営業しないので
観光する側にとっては少々不便なのが玉にキズです。

歳のせいか、大きなアクシデントではなくても
些細なトラブルがいくつかかさなると結構ダメージがきて
ストレスが溜まってしまうのを感じた旅でもありました。
でも小さくても心に残るいくつかのエピソードや光景が
自分の中に残る喜びは大事なことだと思っています。
記憶の抽斗にそっとしまって、
そしてまた折に触れて取り出してみたい。
d0209370_16382409.gif
旅の〆のディナー(?)はベルリン名物のカレーソーセージ。
街角のパン屋さんのパンだったり、こんなファーストフードが
案外美味しかったりするものなんですよね。






[PR]
by seikopuppe | 2017-09-30 10:21 | | Comments(0)
<< 秋雨 旅の忘備録その2 >>