「春」展終了

なにもかも後手後手になってしまっていますが…。
東京丸善での人形と絵の「春」展は無事に終了致しました。

初日は春分の日らしからぬ天候で、積雪まであったのですが、
それでも大勢のお客様がご来場下さったそうです。
今回は人形だけでなく、多くの画家様達の参加もあり、
人形作家様も大人数で会場は本当に春爛漫の賑やかさでした。
見応えたっぷりでとても充実した楽しい展示となり、
そんな華やかな会に参加させて頂けてとても嬉しく思っています。
主催のドルスバラード様はじめ、参加作家様方が皆さんそれぞれに
展示風景などSNS上に掲載して下さって、それを眺めるのも楽しかったです。
当の私は自分の作品展示風景すら撮影せずに終わってしまって…。
いつもながらになんという情けない体たらく。
もしよろしければドルスバラード様のサイトで展示の様子をご覧頂けます。→
d0209370_16050810.jpg
「春」展には画像の人形一体を展示させて頂きました。
タイトルは「春の野に」。
この子は実をいうと以前一旦仕上げた作品でしたが、
何となく思い描いていたイメージが未消化な状態になって、
手元に置いたままになっていました。
コンセプト的にもテーマの「春」に沿うものでしたので
この機に手を入れて作り直して出品しました。
表現したかったものに、だいぶ近づけた気がしています。

うさぎのぬいぐるみは少女のお守り。
不安な時や悲しいとき、
ぎゅっと抱きしめる存在は心の支えになります。
そして勇気を出して一歩、踏み出す。

桜も咲いた。
新年度がスタート。
新しい明日へ。
また一歩一歩。



[PR]
by seikopuppe | 2018-04-02 16:25 | 人形 | Comments(0)
<< 伝えるもの、伝わるもの ひいな展終了と「春」展 >>