出品作品もうひとつ

9月半ばに開催される「人・形」展に出品させて頂く予定の作品、
もうひとつご紹介します。

作品のタイトルは「confession」
d0209370_12092428.gif
人形自体のサイズは40cmちょっとで小ぶりですが、
古びた木箱の中に納まっています。
実はこれ、古い柱時計の箱です。
d0209370_12093571.gif
時間を経た硝子窓のむこうに、彼女は何を見ているのでしょう。
自作した目は瞳孔がありません。
眼差しが曖昧で、瞳にうつっても実は何も見ていないのかもしれません。

「confession」は教会で見かける confession room から…。
いわゆる懺悔室です。
時には美しい装飾を施されたりしている、ひっそりと置かれた小部屋。
小声で交わされる告解。罪深いけれど色んな妄想が渦巻いてしまいます。
キリスト教つながりでイコンのイメージもありました。
一枚絵ではなくて観音開きになっているような形式のものだとか。
d0209370_12094450.gif
人形は箱から取り出すこともできます。

運搬や展示方法が難しいかなぁと、色々考えているところ…。

いつも感じることですが、
やはり画像と実物では印象が異なります。
出来れば直に、見て頂けたらと願っています。





[PR]
by seikopuppe | 2018-08-31 11:07 | お知らせ | Comments(0)
<< 「人・形」展 終了致しました 展示のお知らせと出品作品 >>