カテゴリ:人形( 60 )

「春」展終了

なにもかも後手後手になってしまっていますが…。
東京丸善での人形と絵の「春」展は無事に終了致しました。

初日は春分の日らしからぬ天候で、積雪まであったのですが、
それでも大勢のお客様がご来場下さったそうです。
今回は人形だけでなく、多くの画家様達の参加もあり、
人形作家様も大人数で会場は本当に春爛漫の賑やかさでした。
見応えたっぷりでとても充実した楽しい展示となり、
そんな華やかな会に参加させて頂けてとても嬉しく思っています。
主催のドルスバラード様はじめ、参加作家様方が皆さんそれぞれに
展示風景などSNS上に掲載して下さって、それを眺めるのも楽しかったです。
当の私は自分の作品展示風景すら撮影せずに終わってしまって…。
いつもながらになんという情けない体たらく。
もしよろしければドルスバラード様のサイトで展示の様子をご覧頂けます。→
d0209370_16050810.jpg
「春」展には画像の人形一体を展示させて頂きました。
タイトルは「春の野に」。
この子は実をいうと以前一旦仕上げた作品でしたが、
何となく思い描いていたイメージが未消化な状態になって、
手元に置いたままになっていました。
コンセプト的にもテーマの「春」に沿うものでしたので
この機に手を入れて作り直して出品しました。
表現したかったものに、だいぶ近づけた気がしています。

うさぎのぬいぐるみは少女のお守り。
不安な時や悲しいとき、
ぎゅっと抱きしめる存在は心の支えになります。
そして勇気を出して一歩、踏み出す。

桜も咲いた。
新年度がスタート。
新しい明日へ。
また一歩一歩。



[PR]
by seikopuppe | 2018-04-02 16:25 | 人形 | Comments(0)

「にんぎょう ふわり」展が終了しました

silent music 様で開催されました「にんぎょう ふわり」展。
先日静かに幕が降りました。
私自身は搬入と初日のわずかな時間しか在廊できませんでしたが、
多くのお客様が足を運んで下さいました。

これまでも silent music を主催されている久保田恵子様の企画のもと
絵画や造形、衣服などなど…様々な展示が開催されていて、
人形のみというのは初の試みだったそうです。
お邪魔させて頂く度に恵子様の美意識の高さと、
そこに集う作家様方の素晴らしさ、
そしてその場へのリスペクトを感じるのですが
今回もそれをしみじみと噛み締めていました。
そこに自分を加えて頂けたということがまるで夢のような
今でもなんだか信じられない思いです。

訪れて下さったお客様から素敵な写真を頂いたので
一部をご紹介致します。

d0209370_10363415.gif
d0209370_10364217.gif
d0209370_10365193.gif
d0209370_10391339.gif
d0209370_10390006.gif
d0209370_10365997.gif
d0209370_10370717.gif
d0209370_10371453.gif
d0209370_10372607.gif
d0209370_10375020.gif
d0209370_10373313.gif
d0209370_10375930.gif
d0209370_10381041.gif
d0209370_10382339.gif
d0209370_10385143.gif
センス抜群に展示風景を切り取って下さって
とても嬉しいです。ありがとうございました!!

この場所でしか、実現しなかった展示でした。
一期一会の機会に及ばずながらも関わらせて頂けたことに
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

これからも人形の居る風景や空間を
楽しんで、記憶に残して頂けるような
そんな制作をしてゆけたらと願っています。




[PR]
by seikopuppe | 2018-02-22 11:17 | 人形 | Comments(0)

「にんぎょう ふわり」展

d0209370_11222181.jpg
2月10日から silent music 様で開催されます、
「にんぎょう ふわり」展に出品させて頂く作品をご紹介します。
d0209370_11211084.gif
クロスボディの身長30cm足らずのお人形ふたり。
d0209370_11211722.gif
少年人形のタイトルは「パスピエ」
d0209370_11212634.gif
少女人形は「メヌエット」

首部分は球体関節で動かせます。
衣装はボディに縫い付けてあるのでお着換えはできません。
(少年のボレロ風上着のみは脱がせられますが…。)

タイトルは西洋の古典舞曲から名付けました。
昔の子供が遊んだ木製のクラシカルなお人形
みたいなイメージで仕上げてみました。

今まで作ったことのない感じなので、
ご覧になる方々がどう受け止めて下さるのか…。
不安でドキドキしています。




[PR]
by seikopuppe | 2018-02-04 11:18 | 人形 | Comments(0)

ミニ個展 出品作その6

ミニ個展「人形語り」のための作品紹介、これが最終です。
d0209370_13401004.gif
作品タイトル「のすたるじあ」
オーソドックスな人形らしい姿ではありますが、
実はインスパイアされたお話のイメージを結構しっかりと踏襲しています。
衣装はアンティークショップで見つけたもの。
現代の人形衣装作家さんがアンティーク素材を使用して仕上げたのだそうです。
d0209370_13471379.gif
リボンはドレスのカメオと色を合わせて。
甘いながらも爽やかな感じにできたかな~と思っています。



人形のような立体のものは
画像と実際目にするのとは案外印象が違います。
サイズ感もそうですし、ご覧になる環境でもがらりと変わるもの。

どれくらい自分の想いが届くかとても不安なものですし、
かといって押しつけがましいのも望むところではありません。
どうぞ楽しんで見て、感じて頂けますように。





[PR]
by seikopuppe | 2017-05-08 11:38 | 人形 | Comments(0)

ミニ個展 出品作その5

d0209370_13183626.gif
作品タイトル「桜花憧憬」
古き時代の深窓の令嬢…という、かなりはっきりとしたイメージを
最初から設定して作ったものです。
ドレスか着物か、いずれにせよお嬢様らしいものにしたいと思っていました。
d0209370_13244372.gif
少しセピアカラーにした画像。
美しくて切ない物語の登場人物です。





[PR]
by seikopuppe | 2017-05-07 10:25 | 人形 | Comments(0)

ミニ個展 出品作その4

今回初お披露目ではない作品も展示予定です。
でもどれも東京で見て頂くのは初めてになります。
d0209370_12525168.gif
作品タイトル「月夜の童話」
人形のためのお人形もセットになります。
平面作品でも立体でも、人形を抱く少年少女というのはとても好き。

d0209370_12563146.gif
最近は球体関節ではない、
より人形らしいお人形を作りたいという気持ちがむくむくとあって
色々試行錯誤中でもあります。




[PR]
by seikopuppe | 2017-05-06 10:21 | 人形 | Comments(0)

ミニ個展 出品作その3

一番最近仕上がった作品です。
d0209370_17475743.gif
作品タイトルは「Die Vorleserin」
ディー・フォアレーザリン、と読みます。ドイツ語で(女性の)朗読者という意味。
彼女は人の形をしてはいますが、人間ではありません。
書棚に棲み、時々気の向くままに言葉を紡ぎます。
囁くように、誰に向けるわけでもない。
聞こえる人にしか聞こえない。言葉は耳ではなく心に流れ込む。

そんな他愛のない想像をしながら作りました。
d0209370_18010046.gif
昔、真っ暗な部屋で独り
気に入った音楽を聴きながらぼーっとしていたことを
思い出したりもしました。







[PR]
by seikopuppe | 2017-05-05 11:27 | 人形 | Comments(0)

ミニ個展 出品作その2

ミニ個展に出品予定の作品ご紹介続きます。
d0209370_12001205.gif
作品タイトル「waltz」
有名な物語のイメージを私なりに。
事の始まりは人形を支えているスタンドでした。
アンティークの金属製スタンドを見つけた時に
色んな妄想がぶわ~っと広がって。
実は本来どんな使われ方をした物なのかはわかりません。
d0209370_12063037.gif
自分の内に在る贖罪という言葉に思いを馳せて。
めぐり逢いの不思議もカタチになったかもしれません。




[PR]
by seikopuppe | 2017-05-04 11:58 | 人形 | Comments(0)

ミニ個展 出品作

「ぼらん・どぉる」さんでのミニ個展、だんだん迫ってきました。
展示予定の作品をぽつぽつご紹介していこうと思います。
開催前にお披露目するのは、どんなものかしらとも迷うところなんですが…。
でも画像と実物はやはり違うものだと考えていますし、
もし写真を目にして直に見たいと思って頂けたら嬉しいし…(逆パターンもありかもしれませんが)

まずはご案内状に使わせて頂いた人形から。
d0209370_11220002.gif
作品タイトルは「water lily」
森の奥、湖の畔に棲む妖精のような少女のイメージです。
一角獣がお伴ですが、彼は像の姿。
d0209370_11294900.gif
湖面と木々の色を瞳に映し、髪は花染。
瞼には木漏れ日をうけて。

様々に想像の枝葉を広げながら作っていました。
ご覧になる方が、色んな物語を想って下さったらいいなぁと願っています。






[PR]
by seikopuppe | 2017-05-03 11:10 | 人形 | Comments(0)

ひいな展の出品作

ずーっと、ずーっと、気が急いて、駆け抜けてきた感のあるここ数か月。
今週末から始まる倉敷での「ひいな展」に出品させて頂く作品を先ほど送り出しました。
まだやるべきことはあるのですが、ちょっと一息…。
会場搬入を前に不安と安堵と疲労が一気にやって来ています。

今回は2体の展示を予定しています。
d0209370_11572335.gif
この人形は新作ではありませんが
以前コラボレーションをさせて頂いた、加賀友禅作家の宮腰一恵さんの衣装にお召し替え。
昨年宮腰さんが金沢で個展をなさった際に展示して下さった再現です。
個展のメインでもあった、花嫁衣裳のミニサイズを着させて頂いています。
本物はなんと個展直後に宮腰さんのお嬢様が実際に結婚式でお召しになったとか…。
宮腰さんのご希望で、和風ではない明るい髪色の人形を、とのことで
思いもよらなかった幸運なコラボレーションが再び叶いました。
今度は倉敷で沢山の方々に見て頂けたら幸いです。
d0209370_12105797.gif
もう一体は新作です。実は昨日まで仕上げ作業をしていました。
人形としては特に目新しさのない作品かもしれません。
でも自分なりには結構思い入れみたいなものがありまして…。
作品タイトルは「のすたるじあ」にしました。
私のノスタルジーの想いを込めています。
少女の頃の憧れや好きだった世界、物語。
他人からしたら、陳腐で古臭いと笑われてしまうかもしれないけれど。
タイトルとは別に自分の中では呼び名があります。これはナイショ(笑)。

日差しは春めいてきていますが、まだまだ冬との端境。
せめて気持ちからでも…やさしい春の心地を見つけに
どうぞ倉敷まで、人形達に会いに来てやって下さい。




[PR]
by seikopuppe | 2017-02-15 12:28 | 人形 | Comments(0)